So-net無料ブログ作成

長らくご無沙汰しております [犬との生活]

このブログもだいぶ放置してしまいました・・・。

いろいろありまして、東京に引越ししてきました。
通勤の長さに疲れたのと、娘が大きくなってきて学童とか不要になってきたので
思い切って東京に家を建てました。(思い切りすぎ・・)

35年ローンと戦いつつ、なんとかやってます。

そしてそんな生活も落ちついた今日この頃、D氏が犬を飼いたいと言い出しまして。
いろいろペットショップとか見て廻ったのですがどうもしっくりこない・・・。
何十万円も出して血統書付きの犬を飼うことに。

そんな折、D氏が保護犬の里親になりたい、と言い出しまして。
言い出したら行動が早いD氏、さっそ知人にサイトを紹介してもらい手続きをしちゃいました。

1匹だとお留守番も寂しいから、せっかくなので2匹預かろうということで。
IMG_7199.JPG

広島の方には新神戸まで届けていただき、新幹線でやってきたチップ。
IMG_7207.jpg

うちに来たときは生後6週間でした。
怖がりですから・・・と言われましたが、人懐っこくてかわいくって、親バカ全開。

あっという間にトイレトレーニングもできて、ご飯をもらうときは教えていないのにお座りなんかもしちゃいます。

そしてその1週間後、宮古島からビアンカがきました。
IMG_7222.JPG
宮古島へ旅行に行ってた方が荷物として持ってきてくれました。
今か今か、と待ちきれず、荷物の写真などを撮ったりして。

IMG_7224.JPG

ビアンカです。とってもうなだれてたし、ガリガリでした。
ビアンカは宮古島の草むらで保護されたワンコで、とっても体と心に傷を負っているようです。
人が怖いくてケージから出てこないなどなどありましたが、1週間でだいぶ慣れてきました。
IMG_7324.JPG
お風呂にも入れて、とってもいい顔になりました。
IMG_7339.jpg

まだ外は怖くて抱っこしてお散歩です。ちょっとずつビアンカが慣れるように愛情いっぱい育てたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

私の知らない世界 [犬との生活]

ひょんなキッカケから保護犬達を飼うことになった我が家。
知り合いが保護動物の譲渡会で猫ちゃん2匹を譲り受けたと言う話を聞いた事がきっかけ。それまでシェルターにいる可哀想な動物達の存在は知っていたけど、あまり自分ごととして考えていなかった。

せっかくうちで暮らしてもらうなら、子犬ちゃんから育てたいなんて漠然と思ってた。
我が家に迎えると決まってからは本当あっという間で、家族でホームセンターに行ってカートいっぱい色々買い揃えて、犬を迎える準備をした。
ご縁があって生後6週間で家にやってきたチップを見て、こんなチビちゃんの時から親や兄弟から引き離されてしまった大切な命を精一杯育て上げなきゃ、という責任をひしひしと感じた。
幸いにもチップは、とても人が大好きで健康な子犬ちゃんで、ご飯も沢山食べてすぐに我が家に馴染んで、本当に良かったと思う。

犬によっては、環境の変化からストレスを感じて全く食べれられなくなってしまったり、病気になってしまう子もいるとの事。

いつのまにか私も40歳も過ぎたけど、まだまだ知らない世界がたくさんあるのだと感じた瞬間だった。
せっかく我が家の一員になってくれたチップがおばあちゃんになるまで沢山愛情を注いで育てていくわよ。
96E40828-7353-4400-B481-71679591D80C.jpeg


nice!(1)  コメント(0) 

チップがやってきた日 [犬との生活]

チップは広島の方が保護してくれていたワンコ。
D氏の会社同僚から紹介してもらった里親ネットで探して申し込み。
実は申し込みをしたワンコはすでに里親が決まってしまっていたのですが、ネットに公開前の子犬が沢山居ますと言われて紹介されたワンコでした。
ネットには、ワンコを届けてくれるエリアの指定がされており、東京はエリア外だったので、D氏、張り切って会社を休んで新神戸まで新幹線で引き取りに行きました。
犬を飼うのが初めてのD氏、新幹線でチップが鳴き叫んだらどうしようと不安だらけで向かったのですが。
D氏曰く、新神戸に迎えに行くまでの間、このカゴに動物がいるんじゃないかと見てくるオバちゃん、話しかけてくるオバちゃんが沢山いたそうです。
帰り道も色んなオバちゃんに、ラブラドール?何犬?と話しかけられて、世の中には動物好きのオバちゃん多い事がわかったそうです。
新神戸で引き渡しいただき、注意事項を聞いて譲渡契約を結んだ後、
522B90BA-9157-467F-B728-05BBAE8F7481.jpeg
こんな状態で、3時間弱電車に揺られてやってきました。
車内ではとーっても静かにしていたそうです。

帰宅後、すぐに動物病院に連れて行ってワクチン接種。獣医さんからは「太ももが立派過ぎる、捻挫して腫れてるのかも?」と言われたそうですが、普通に歩いてるので、「この子は大きくなるね」と言われたそうです。
獣医さんからは、ラブラドールの血が入ってるかも、との見立てでしたが尻尾がクルンと上に上がってるので、和犬もミックスされてるのかも!と、いろいろ想像が膨らみます。
保護してくれた方の見立てでは、テリアもミックスしてるかも?との事で、何犬かに分類されず、分からない所も保護犬の魅力かもしれません。
なんとか健康で家と家族に慣れて欲しいなと思った初日でした。
この後1週間、2時間おきの夜鳴き生活に突入しました。。その様子は次回。
08EF144E-8219-43B6-AB95-8A72F9540B61.jpegD71B818E-5B4A-47C0-89AB-7F8300697562.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

犬たちを迎える準備 [犬との生活]

ある日保護犬を2匹引き取ることにした我が家。
ワンコ達を迎えるにあたり、ボランティアの環境調査の方が家を見に来てくれました。
ボランティアさんの仕事は、犬たちが安心して安全に暮らせるかチェックする事、後はたぶん大事な命を預けるにあたり、家族の様子も見てくれるんだと思います。
難なくオッケーが出たとのご連絡をいただけました。余計な物が無いお家ですね、と褒められました。何故なら狭いからです。。

ホームセンターでカートいっぱいに買った色々。
持ちきれない、車に入りきらないなど、あーだこーだ言いながら帰宅してセッティング。
ガッツリ買うって楽しいわぁ。
0AC86300-AF9F-4D53-9FAB-7147BFE9D492.jpegFD330C64-8CF3-4803-B521-572043E22DA8.jpeg5EA7B037-6D97-4779-B1BC-F7985FD4D446.jpegADCF3405-41E7-43BB-B8DF-B1960F9F340E.jpeg
ワンコ達がどこなら快適に過ごせるか、ネット検索などを駆使しカウンター下にケージを2つ置く事にしました。
2匹が仲良くなれたら、ケージを繋げて使えるようにジョイント可能なケージにしました。
犬たちとの生活に楽しみ半分、不安半分だった夜でした。

nice!(1)  コメント(0)