So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

南国への逃避~沖縄夢紀行その1~ [旅]

寒い東京からの逃避を夢見て1ヶ月。とうとう行ってきました南国沖縄。
2/23  早朝。寒い東京から脱出すべく、壊した腹を大事にしつつ一路沖縄へ。
 飛行機で2時間30分。降りたらそこはコートいらずの沖縄。
 天気は曇り気味だったけど、半そでにカーディガンで十分。レンタカーをゲットして、最初の目的  地、美ら海水族館へ出発。途中、道の駅許田にて2割引き券をゲット。たぶんここが一番安い。
途中おなかが空いたんで、名護で有名なそーきそば、中山そば へ。
あっさりした味で、地元の人は大量の紅しょうがを投入していたので試してみる。トンコツラーメンみたいになった。何故か取り皿がついてきたので、おなかを壊し気味の私は、取り皿にブタ肉をとってから食べる。この量(小サイズ)で500円とリーズナブル。
地元の人っぽいお客さんばかりでした。
その後空港を出発して3時間弱、とうとう美ら海水族館へ到着。
いるかショーとかおきちゃん劇場とかを楽しんだあと、マナティーを見に行く。
サービス精神旺盛なマナティーは水槽の前に愛くるしい顔をたくさん見せてくれました。
ちょっとアホの坂田みたい?でもかわいかった。
水族館で楽しんだ後、ホテルへ。ホテルまでは車で2時間半。
日航アリビラへ8時頃到着。
スペイン風の建物、かわいらしい内装に超満足、しかも部屋の風呂が超広い!!

おなかの空いた我らは、安くて美味しい沖縄グルメを探しに、地元で有名な一心へ。

海ぶどう、島豆腐サラダ、田芋とブタ肉、ゴーヤチャンプルー、もずくの天ぷら、春巻き、ビールなどを頼んでおなかいっぱい食べて、一人2000円強。ものすごい量だし安いし美味しいんでお勧め。(すんません、写真は一通り食べた後撮影したもんです)
長い一日の締めくくりに、ホテルにてガラス張りバスルームでのんびり入浴。
こうして楽しい一日目が終わるのであった。
その2へ続く


南国への逃避~沖縄夢紀行その2~ [旅]

ガラス張りのバスルームでのんびりした翌日、どうも食欲がないけど、とりあえずセットなんで、
豪華なビュッフェの朝食をいただく。
エメラルドグリーンの海が見えるレストランにて朝食。シェフがオムレツを焼いてくれる。うーん、胃の調子が良かったらたくさん食べたのに・・と思いつついただく。
その後、沖縄の癒しを求めいざ出発。
しかーし、沖縄の現実もきちんと学習しようと、戦闘機が飛び立つ嘉手納基地見学へ。
道の駅かでな、では米軍基地の滑走路が一望できるすごい場所。
修学旅行生とかでにぎわう中、一際怪しい男性を発見。でかい無線機で何かを聞いている。
もしや、米軍の通信を傍受していたのではないか・・と思われる。
天気も悪かったし時間も悪かったみたいで、30分程度いたけど、戦闘機は飛んでいかなかった。
残念。その後癒し空間、COCOKへ。
沖縄に行ってエステとかやるなら、ホントお勧め。
ボディー&フェイスを135分やって、8500円くらい。(割引クーポン利用
そして、おやつにブルーシールのアイスクリームまでいただける。
味は選べて写真はさとうきびのアイスとチョコアイス。
すっごい気持ちよかった。マッサージの経験があまりない私だったけど、日ごろのストレスと東京の乾燥した気候のせいで、足のスネとかカカトとか、顔とかかなり乾燥してカサカサだったんだけど、ツルツルになっちゃった。東京に帰ってきた今でもホッペがツルツルで嬉しいくらい。
アイス食べて休憩していたら、お店の人がパンフレットを持ってきてくれて見てみたら、ネイルもすごい安い。ハンドマッサージ、甘皮処理、ネイルが込みで2800円程度。
東京だったら、たぶん4500円くらいだよね、って言ってこれもチャレンジしてみた。

グラデーションネイルと、一箇所アートを入れて3000円くらい。すごい安いし上手なんだよね。
(ちょっと写真わかりづらいか・・・)
このお店は地元のHPから発見したものなんだけど、お客さんは、基地在住の外人の方が、ほぼ100%なんだって。沖縄行ってホテルとかのエステやネイルやるんだったら、ここホント得。
月~木の間に行くと、クーポンが使えて20%引きにもなるよ。
フットマッサージも有名らしく、外人のおばちゃん達がたくさん来店していたよ。
3日に1回程度トップコートを塗れば2週間は持ちますって。長持ちさせなきゃ。

外観。

ここで5時間も費やした我らは、大満足の癒しの一日を終えるのであった。
そして、私の胃の悪さもこの日の夜がピーク。朝食ほとんど食べれず、昼食食べれず、夕食雑炊を一口。まさか、この胃痛のオチが月曜日の夕飯に食べたカキだったなんて・・・・。
さっき友人のブログを読んで判明。おいらの楽しい沖縄の一日が・・・。
ちくしょー


南国への逃避~沖縄夢紀行その3~ [旅]

最大に胃を壊した翌日、もう最終日。
最後にエメラルドグリーンの海を堪能。ホテル前のニライビーチ。
そこに巨大まりもを発見。
こりゃなんだ???
降り出した雨に負けず、沖縄名物タコスを食べるべく、一路南下。
イオン南風原ショッピングセンター内にあるチャーリー多幸寿へ。
ゴザの老舗がショッピングセンターに入っているらしく、次に目指す首里城にも近いため、
よってみる。
ほどよいタコスの生地に野菜がたっぷり。
胃を壊し気味の私でもペロっと食べられるくらいのサイズ。210円。サルサソースが思ったほど辛くなくておいしかった~。
残り時間わずか、首里城へ向かう。
首里城まで15分程度。地元の人の道をクネクネ抜けるとそこは首里城近辺。
急な階段をいくつか上ると、見えてきました頂上。
800円の入場料を払って中に入ると・・・


圧巻の美しさ。赤と空の色の境がすごいきれいだった!
長い坂を上ってみた風景だからこそ、感動的な赤色の美しさなんだろうね。
だんだん空も明るくなってきて、最後の最後に陽がさしてきた。
この太陽の中、海を見たらさらにエメラルドグリーンなんだろう、と思いつつ、
首里城を後にし、さらには、沖縄の楽しかった旅が終了となった。

旅って日ごろのイヤなこととかストレスとかをすっきり洗い流してくれるすごいものだ。
明日からまた仕事だけど、またがんばれる気がする。
マッサージもして、非日常の体験をして、たくさんしゃぺって、e.t.c ホント楽しかった。
また明日から日常に戻り、がんばらなきゃ。
短い間だったけど、私を非日常に逃避させてくれた沖縄、具合悪い私を温かく見守ってくれた、
まいちゃんとうーこちゃんに感謝であった




南国への逃避~海外編 introduction~ [旅]

ストレスの多い今日この頃、いかがお過ごしでしょか?
実はわたくし、連休を利用して、海外(南国)へ逃亡しておりました。
ブログの更新もさぼり気味の3月ですが、日課のように我がブログへ遊びに来てくれていた皆さん、(そんな人いるんか??)筆不精っぷり失礼しました。

金もないのに、会社を3日(木金月)休んで、インドネシアの離れ小島へ行ってまいりました。
その名もビンタン島
赤道直下のこの島は、インドネシアとシンガポールの出資により、一大リゾート地となっているわけで、さらには生の英語がしゃべりたかった私には、最適なところでした。
なにせ、日本人がとっても少ない、これ最高でした。
そしてレジャーがほとんどない、これもまた最高。
旅の日記はおいおいアップするとして、このエメラルドグリーンの海とサンサンと降り注ぐ太陽のしたで、ただひたすら、Drスランプを読みふけっていたという日々でした。

あまりにきれいだったんで、取り合えず、海のベストショットのみアップして今日は寝ますZzz・・・


南国への逃避~海外編その1~ [旅]

旅の日記の続き~ビンタン島~
夕方便にてシンガポールへ。成田空港から6時間。現地に着いたら夜中だったので、
そのままホテルへチェックイン。

翌日はシンガポール半日観光。
まず最初にヒンズーのお寺へ。

ヒンズー教、日本では馴染み薄いんだけど、
すごく難しい宗教らしい。神様の数はものすごい多いらしい。動物も木もすべてが神ということ。
お寺の中は撮影禁止だったので、青空と入り口の塔を撮影してみた。
次に観たのは、中華街の朝市。

シンガポールでは中国系の人が70%以上だって。


で、何故か野菜と一緒にネコが売られてた。(ウソ)
野菜カゴの中にいたので、写真をとってみた。

そして、やはりシンガポールといえば、マーライオン。
世界三大がっかりといわれているらしい。
有名だけど、観てみたらたいしたことない、ってやつ?

で、そこで見かけた、韓流スター。誰か知らんけどえらい有名な人らしい。
せっかくなんで、写真撮影してみた。

写真集の撮影をしていたらしい。ペヨンジュンでないことは確かだが、どなたでしたでしょう?
取り巻きの人はたくさんいたんだけど・・・。
そんなこんなで、午前中は終了。
午後は自由行動だったので、街へ夏の服を買いに行く。

しかーし、どの店に行っても、中国人に間違えられ、中国語で話し掛けられる。
現地に溶け込んでいたのだろうか?

夕方、フェリーターミナルへ。やっとビンタンに行ける!!と思ったら、
え?ビンタン島に行くのに、出国するの?
無知な私は、ビンタン島がシンガポールだと思っていた。。
出国手続きをし、長らくフェリーを待っていたらすっかり夕暮れ。
フェリーで50分、ビンタン島へ。
しかしそのフェリーがすごい揺れてた。よってしまう人がいっぱいいたけど、
ジェットコースターに乗っていると思えば怖くない、と思ったら、案外平気。
うー、しかしついたときには、もう夜・・・
すっかり疲れたわれらはホテルへ。
そして明日の備えて眠るのであった。

翌日、赤道直下の強い日差し。そして昨日は真っ暗だった外を見たら・・・

絶景でした。
ホントきれいだったな~~。


南国への逃避~海外編その2~ [旅]

ビンタン島で一番美味しかったもの。やはりナシゴレン。
これで$S3なんで、約250円くらい。
あと夕飯に海の上に立つ、ケロンという名のレストランで食べたブラックペッパークラブ。
ちとグロイけど、カニです。あまりに美味しくて、無口で食べた★

あとびっくりしたのが、巨大トカゲさん。
あまりにビビって、遠めからしか撮影できなかった。
のんびり歩いてるし、周りの人も、普通に見守ってる。こんなの部屋に出てきたら
ホント、ビビっちゃうよね。もちろん部屋には出てこなかったけど。

南国があまりに良かったんで、いまいち現実に戻れぬ日々。

日本に帰ってきたら、結構暖かくなっていて、
WBCでは、日本が世界一になっているし、桜の開花もしている。
時が経つのは早いもんだ。

あー明日からまた仕事かぁ。スローライフな日々に戻りたいな。


旭山動物園への道~ちょい寒北海道の旅~Part1 [旅]

ただいまー。とうとう念願の旭山動物園に行ってきたのだ!!
旭山だけじゃもったいないので、春の北海道を楽しんできました。

まず、新千歳空港からレンタカーで小樽へ直行。
絶対に寿司が食べたいという、友達のリクエストにお答えして、
小樽で唯一魚河岸の免許を持つという、旭寿司へ。


安めかつ、お得感のある、海鮮丼をチョイス。
                           

リッチな友達は大えび丼をチョイス。(エビがでかすぎて、写真切れた・・・)

もう、最高だった。なんといってもウニが最高。北海道のウニって
卵みたいな味がするんだよね~また食べたいな・・・。

その後、せっかくなので小樽運河へ。
ホントいい天気だったな~。
小樽運河風、びっくりドンキーを発見したので、写真を取ってみた。

運河の風景に溶け込んでいたな。

その後、よい天気の中、ロングドライブ。
一路富良野まで。

いやーしかし今回の旅行は、めっちゃ運転した。
運転ばっかしてた。今日、レンタカー返したら、700KMも走行してた。
どうりでぐったりな感じなわけだ。

3時間のロングドライブの末、着いたら、この絶景。
遠くに雪景色の山々が見えるのだ。

露天風呂付の宿をわざわざ選んだんだけど・・・。
冬仕様で、まだ露天になっていなかった。
でも夕飯は絶品に美味しかった。
特に、ラベンダーアイスが美味しかったな。



で、何故か宿に羊がいたので、写真を撮ってみた。

実はジャッキーという名の犬もいたんだけど、
これが、めちゃ不細工なんだ。

ほんとは犬ぞり用のわんちゃんなんだって。愛玩動物じゃないから、
しょうがないかぁ。
愛想はいいんだよね。ジャッキーと呼ぶと、寄ってきて
背中をなでろと催促するんだ。
でも触ったら、手が真っ黒になった。
お風呂に入れてもらってないのね・・・。
ちなみに、羊さんはジンギスカン用らしい・・・
でも食べずに育てているんだって。

ちょっと切なくなった、富良野の宿であった。

そして、翌日の旭山動物園編へつづく。


旭山動物園への道~ちょい寒北海道の旅~Part2 [旅]

富良野1泊目からの続き
富良野で見たテレビで、旭山動物園大人気のニュース。
とにかくすごい人らしい、ということで、二日目の朝は早起きして、
一路旭山動物園へ。
開園9:30とともに入園。早速念願のシロクマに会いに行くと・・・

2頭いらっしゃいました。
はじめのうちは、グルグルと岩場を歩いていたんだけど・・・

突然1頭が・・

ダイブした!!

なぜかお気に入りのボールを手に。
私も含めた観客が大興奮。
こんなに近くで観れるなんて。すごい!!
みんながきゃーキャー騒いでいると。
ガラス越しに、
「何か用?」って感じで見ている。
で、さらにみんなが興奮してると・・
ボール大好きをアピール。
でも次の瞬間・・・

おわっと!!
と、水に沈んだりして、おちゃめな、シロクマさん。

もうかなりかぶりつきで眺めてしまいました!!

こんな間近で見れるなんて、旭山動物園ってすごい。
ホントすごい!!。

次はペンギン編







旭山動物園への道~ちょい寒北海道の旅~Part3 [旅]

シロクマが気持ちよくボールで遊ぶ頃、ペンギンたちの周りにも
人だかりができていた。


「えっと、今日はオイラの仲間を紹介するでやんす。」

   
「今日はGWのさなか、こんなにたくさんの人が来てくれてありがとうでやんす。」

「彼が、ポーズの名人ペンギンでやんす!!」

「そして、横顔がニヒルな、かっこつけペンギンでやんす!」

「そして、この子がアイドルの子ペンギンでやんす!」
「ども、よろしくです」

ヨチヨチと歩く姿かわいすぎる。

人気者のペンギン以外にも、虎視眈々と
人気者の座を狙っている輩たちもいたのであった。

何故か高いところにいる ユキヒョウ。
そして遠く目をし、獲物を狙っているのであった・・・。

その他、
・人目も気にせずゴロゴロするライオン
・死んだように寝ているクマ
・シャイすぎて外に出てこれないキリン
・妙に活動的なサル
・風太くんで一斉風靡したレッサーパンダ
・何故か動物園に来ているのに、ゴーカートのために長蛇の列に並ぶ人間の親子
・集団でクロヒョウを見て、興奮しているアジア系外国人
e,t,c
さまざまな人間模様、動物模様を観察させていただき、
大満足な旭山動物園であった。

こんなに楽しめて、入場料580円、駐車場代無料ってすごいよね。
しかも職員の人々は本当に親切な人ばかり。
そして、完全バリアフリーだ。すごい!!

とってもとってもよい動物園だったので、また行きたい!

旭川市に感謝な一日であった。

Part4へつづく

 


旭山動物園への道~ちょい寒北海道の旅~Part4 [旅]

旭山動物園を十分堪能した我らは、ご当地昼ごはんを探し、美瑛へ。
オーブンカレーが美味しそうだったので、
カフェクラフトPUUへ。

4月29日に美瑛駅前にオープンしたということで、早速行ってみた。
駅前をぐるぐる散策していたら、チャリンコに乗ったピンクのTシャツにサングラスの
おっちゃんに声をかけられた。
「ちょっとおねーさん!」
っていうから、何か落し物でもしたのかと思い、思わず振り向く。

「パチンコ屋はどこか知ってる?」
知らんって。どう見ても観光客かつ、パチンコに縁がなさそうな我らに
聞いてくるとは・・・びっくりしたよ。美瑛のおっさん。
でもね、オーブンカレー美味しかった。
美瑛はポテトの町らしく、ジャガイモがかなりおいしい。
ご飯とカレーのルーの間に、マッシュポテトで堤防が作られているのである。
このマッシュポテトが絶品だった。

昼ごはんの後、一路富良野へ。

富良野といえば「北の国から」ということで、麓郷の森へ行ってみた。

五郎の丸太小屋などを観たが、しかし・・・
熱狂的な北の国からファンには最高のロケーションだと思う。
実は2回目にここを訪れた私。
しかしながら、あまりファンでもなかったので、感動が少なく、寒くぬかるんだ道を
歩いて終了。
とりあえず富良野に行ったってことの記念にね。
名物のラベンダーも花畑も、寒さのあまり、ただの大地だったしさ。

次に、富良野ワイン工場


ドライバーかつ、お酒がほとんど飲めない私には、無縁な場所だったが、
ワイン好きの友達が自宅用と実家用にワインを買いたいと言ったため立ち寄り。
友達は樽のワイン試飲を美味しそうに飲んでた。いいな~。
私は100%ぶどうジュースの試飲をいただきました。

その後、一路、宿のあるトマムへ。
国道沿いにナビに従って走行。
天気も悪くなってきたし、なんだか寒かった~。
で、日も暮れて夕方近くにやっと到着。

到着して即、ウエイバープール&スパで遊ぶ。
すっごい広いプールと、多種多様なスパが楽しめた!
しかも、超ガラガラ。一番のお気に入りはダイエットスパ。
すごい水流で、おなかや体をマッサージしてくれる。
スパで遊んだ後は温泉。と癒され、晩御飯に向かう。

ところが、相当天気が悪くなっていて、低気圧が通過中だったみたいで、
かなりの頭痛。ここ最近、低気圧が来ると、頭痛が始まるようになった。
不思議だし不快だけど、天気予報いらずな体になったみたい。
せっかくの美味しい海産物も、あまり食べれず、終了。

最後の夜だと言うのに、8時にはぐっすり寝ていた私であった。

ラスト~最終編~札幌 へ続く