So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ニューハンプシャー観光(NH) ブログトップ

ロブスターを喰らう [ニューハンプシャー観光(NH)]

Portsmouthに到着。
ここはなんとも美しいレンガと川&港町。

ここがDowntownの中心であり、この町は日露戦争終結時の
ポーツマス条約が結ばれた場所でもある。

この橋は、可動式の橋で、大型船が通るときに、道路が上に上がるのである。
そしてこの橋がNew Hampshire州とMaine州の境になっているのである。
というわけで、この日は2つの州の国盗りが完了。
Maine州側の岸には、巨大なそして古いアメリカ海軍があり、時々原子力潜水艦が
入港するらしい。

なんとも美しい街Portsmouth、そしてものすごい親切でやさしい夫妻の元でお世話になってます。
彼らはシェラトンホテルのスイートコンドを買い取って住んでいて、
素敵なゲストルームを貸してもらってます。


元アメリカンエアーのパイロットのジムさんと、奥様のミッシェルさん。
今までたくさんのホームステイ生徒を預かってきたそうで、
日本もとっても好きみたいで、嬉しい限り。
この家から、新居まで車で3時間。
何かあったら助けるので、家族だと思って何度でも遊びに来て!と言ってくれた。
ぶっちゃけ、アメリカでこんなに親切な人に出会ったことが無かったので、
涙がちょちょぎれそうだった。
それもこれも、彼らの人柄、そしてD氏ファミリーとヤッシャーファミリーが
長いことお付き合いしてくれてるからであろう。


そしてこれが、目の前で流れる川で捕れたロブスター。
この日の夕飯は丸々1匹のロブスターを川が美しく見えるレストランにて食べる。
こんなに大きいの食べれない!と思ったけど、あまりに美味しくて完食。
もちろんこんなの食べたことなかったので、ジムが手取り足取り、
どうやって食べていくかを教えてくれた。
付け合せにとうもろこしが1本出てきたんだけど、食べれん!と思いつつ
やはりそれも食べてしまった。
あああ、すごい食欲だ。



nice!(0)  コメント(2) 

湖の別荘 [ニューハンプシャー観光(NH)]

今日は彼らが購入した湖畔の別荘に連れて行ってもらった。
Portsmouthから車で約1時間。最後は舗装されていない道路を1マイルほど
進んだ湖畔に、その別荘はあった。
最近リフォーム工事が終わったらしく、今日はゲストルーム用のベットの搬入をD氏がお手伝い。
もっと長くステイしてくれればいいのに!と嬉しいことを言ってくれた。
もしかしたら我らのステイに合わせてベットを購入してくれたのかもしれない。

テラスにてミッシェルさん手作りの美味しいランチをいただく。

フランスパンをBBQコンロでトーストさせたものに、ガーリックを塗り、
トマト&オリーブオイル&バスサミコ酢にて和えたもの、そして夏野菜のマリネ。
とっても美味しくってまたしても大量に食べてしまった。

その後、湖をボートにて満喫。

水がとっても綺麗で、天気も良くって、プライベートビーチまである
素敵な湖。ワンコが泳いでたり、カヤックやカヌーも楽しめる。

というわけで、私も人生初のカヌーに挑戦。(妊婦なのに・・・)

挑戦とはいっても、ジムさんがボーイスカウト時代に鍛えたカヌーのスキルで
ほとんどこいでくれたんだけど。
写真中央に見える一番左の小島までカヌーしていったのさ。
結構不安定で、ドキドキしたけど、楽しかったぁ。

というわけで、楽しかった彼らとの2日間も今日で最後の夜。
明日またボストンに向けて旅立ち。
ベビ子が生まれても遊びに来て、と言ってくれたので、また遊びに来たいな。



nice!(0)  コメント(0) 

いいとこだよ、Portsmouth [ニューハンプシャー観光(NH)]

「せっかく来たんだから、どっか遊びに行ってくれば?」と
ミッシェルに勧められ、ベビ子をジム&ミッシェルに預けて
夕飯後に飲みに出かけた我ら。

今までいい子にしてたけど、ベビ子が叫んでるかも・・。と
思いつつも、久々の二人外出にワクワク。
子連れだと行けない場所に!と思って、
近所のピアノバーに、2次会がてら飲みにGo。
歩いていける距離にレストランとかお店とかたーくさんあって、
いいな~、Portsmouth。
しかも治安も非常に良いので、外を出歩いてもOKさ。
DSC05120.JPG
これは昼間撮影したピアノバー。
店内はこんな感じ↓
DSC05080.JPG

ピアノバー Oak house。
薄暗い店内で、フラッシュ撮影はどうか?と思いつつ
ピアニストが立った隙に撮影。
ほーんとにピアノの側で、Jazzyな音楽を聴きつつ、おしゃれな酒を飲む。
優雅だったわ~。

その後、並びにあった、ミッシェルお勧めのアイスクリームを
シメのアイスとして食した私。
Annabell's Ice cream
たくさんアイス屋があるけど、ここが最高ってことで行ってみた。
デリシャース。またありえない量を食べてしまった。

DSC05119.JPG

Barで隣に座ったおっさんが言ってたんだけど、
ここはセールスTAXも無い、治安も良い、不動産市場も良いので、
リタイアした人々が住むのに最適な街なんだとか。
たしかに、車に乗らずに色々食べたり飲んだりできるし、
街のみなさんも落ち着いていて、いい人が多いし、
いいとこだね、Portsmouth。

すっかり夜遊びした翌日も快晴。
天気が良いけど、寒かった~。海沿いはさらに風が冷たかったけど、
行ってきましたOdiorne state park

DSC05089.JPG
海に面した州立公園。
海と、遠くの島がすごく綺麗だった。
しかーし、海風が相当寒い・・・。


久しぶりの海で、なんかすっかり勘違いしていて、
「太平洋だ~!!」と叫んだ私。

「ここは大西洋だよ!」とジムに指摘され、かなり恥ずかしい。
かつ、指摘されたにもかかわらず、

「きっと夕日が綺麗なんだろうね~」と同意を求め、
朝日は見えるけど、夕日は見えないわ。」とミッシェルに言われ。

突っ込まれても、どこまでもボケ続けてしまった。
ボケの基本だけど、しつこすぎ・・・。
天然でボケてしまった。

そんな話はさておき、
一行は、Seacoast science centerへ。
ここは、小さい子供も楽しめる場所で、ベビ子もこの通り。
DSC05102.JPG
身を乗り出して水槽を眺めてた。

で、彼女たちが熱心に見てたもの。
それは・・・
DSC05101.JPG

ヒトデ。

手に乗せて遊べます。

海の動物に興味のある方はどうぞ


nice!(0)  コメント(0) 

夜遊びJazz Bar [ニューハンプシャー観光(NH)]

4月後半なのに、冬みたいな寒さだったPortsmouth。
週末は寒いわよ!というメールをもらっていたのに、
セーターを1枚も持っていかず。
New Englandの寒さを甘く見てたわ。

結局D氏が持ってきたセーターを3日間着てしまった。
なので、どの写真を見ても、服が同じ・・・・。

Portsmouth ダウンタウンには、本当にたくさんの
レストランや、小さいお店があって、お買い物もかなり楽しい。
一応、GAPとか Banana Republicとか、
主要なチェーンも、ちらほらあるけど、
その辺りのモールには入っていない個人商店みたいな
おしゃれなお店がたくさんあるよ。

でもお値段は高い・・・。

DSC05123.JPG
車はどこか駐車場に停めちゃって、歩いて買い物すると、すごい楽しいよ。
なんかそういうところが日本っぽくて好きだな~。

「何料理が好きなの?」と聞かれて、うーん、イタリア料理が食べたいな~と言ったら
それじゃお勧めは、Cafe Mediterrareoね、と言われ
ベビ子をまたまた預けて、二人で行ってきちゃった。

DSC05127.JPG
どれもこれもおいしそうだったけど、リングイネトスカーナというパスタにしてみた。
シーフードたっぷりで、美味だったわ。
中にドライトマトが入ってて、それも美味しさを引き出していた感じ。

ウエイトレスがやたら美人で、バーとかもあって、素敵なお店。
欲張りな私は、全部食べきれる胃が欲しいくらいだった。

そして、たまたまミッシェルと話していて、
明日の朝はJazzを聴きながら、ブランチしましょう、と誘われたので、
Jazz、最近大好きなんだよね~と言ったら、

「ならば、今日近所のBarでJazz フェスティバルやるわよ!!」と教えてもらい
是非是非、行きたい!!とお願いして、夕食後、2次会がてら
ジムとD氏と3人でJazz Barへ出かけたのだ。

DSC05131.JPG
The Press Room

8時スタート、この古い建物の2Fにステージがあって、
何組かのジャズシンガーが演奏するんだとか。
1組目は、高校生のジャズグループっていうから、
クラブ活動のノリで、へたくそだろ~と思っていたら・・・。
DSC05136.JPG

指スナップで、リズムを取り、音なしでスタートした彼ら。
すっげー、超上手。鳥肌がたつほど、はもって、

ゴスペラーズみたいだったわ。

どうやら、高校生チャンピオンのチームだったらしい。
甘く見てて申し訳ないなと。

DSC05133.JPG
そして彼らが、ジムのお友達の音楽夫妻
ジョン&エリカご夫妻。
ジョンはギタリスト、エリカはシンガーだそうな。

D氏が、nonchiもゴスペルシンガーなんだよ、なんていうから、
二人の興味をすごい惹いてしまった私。
いえいえ、ただ趣味で日本に居たときに、チームに所属してました、
なんて世間話をしつつ。

すごく気さくな方々で、うちのベビ子もJazz CDをよく聴いてて、
Miles Davisが彼女のお気に入りなの、と言ったら
ジョンが自分が演奏しているCDをプレゼントしてくれた!!!

そして、この日のフェスティバルのとりを飾る女性シンガーは
彼らのお友達だとのこと。
すばらしいわよ~と教えてもらってかなり楽しみにしてたんだけど。

高校生チームの次のチームが最悪で。
なんか、よぼよぼの爺さんが、ポエムを読みながら、ふざけた歌を歌ってて。
つまんないんだよ!!と思ってたら、
だんだん眠気が・・・。
他の観客もかなり飽きてたらしく、店中だれもが各々の話に夢中で。

そこで沈没した私。

時間は夜10時。もう我慢できず、ベビ子も心配だったので一足先に帰宅することに。
残念、お勧めのシンガーの歌を聴けず。

ジムが、nonchi、一人で帰れるかい?と尋ねてくれたけど、
大丈夫、帰れるよ!と言って一人、店を後にした私。

よく考えたら、ここアメリカだった。

そして女一人、フラフラと出歩いて、かなり危険なのでは??と思いつつ、
眠かったけど、競歩並みのスピードで、帰途へついた。


土曜日の夜だったから、ダウンタウンはかなりの賑わい。
普通に歩いてても、全く大丈夫だったけど・・・
10分弱で着く距離だけど、ダウンタウンを越えたら、
ちと暗いし嫌だな~なんて思ったり。

そして暗がり地域に差し掛かり、競歩は速度を増した。

と、ふと見ると、私より、はるかに若く、かわいい金髪の女の子が
前から歩いてきた。

あ。この子が平気なら、私なんて絶対大丈夫だ、と思ったら急に眠気が。

あっという間に家に着いてみると、
ぐったりしたミッシェルと、大騒ぎしてるベビ子がそこに。

全然眠らないの・・・この子、と言いながら、クタクタのご様子。
よかった、はや引きして帰ってきて。

そうなんです、うちの子は寝ないのですよ。

結局ジャスフェスティバルは夜中12時まで続いたらしい。
いつD氏が家に帰ってきたか気がつかなかったけど、

疲れ果てた私と騒ぎすぎたベビ子は爆睡の2日目だったのである。

もう、夜遊びできるほど、若くないのかしら・・・。



nice!(0)  コメント(2) 

Jazz ブランチ in Portsmouth [ニューハンプシャー観光(NH)]

ありえないくらいの寒さだった最終日。
冬のコートを着て、さらにもう1枚と着こんで出かけたブランチ。
雨は降るし、天候に恵まれなかったわ。
場所は、Hilton Garden Inn in Portsmouth

ベビ子の厚手服が無かったので、
毛布にくるんでいっただけど、ガチガチ震えてた・・・。
ちょっとかわいそうだったけど、面白かったわ。
コネチの寒い冬を経験してるのに、我慢できなかったのかしら。

Jazz Barでご一緒したJohnさんが演奏する中、
優雅にブランチ。
DSC05138.JPG
なぜか、ベビ子を抱っこしながら、一人踊るジム。

ブランチは、カスタムメイドのオムレツがあったり、
パンケーキやフレンチトーストを好きなように焼いてくれたり、
色んなパンがあったり、フルーツも盛りだくさん。

そして、彼らのCDがこちら。
gilmore hunter robinson.JPG
ちゃかりサインをいただいて、記念撮影をさせてもらってっと。

ブランチの光景はこちら。
DSC05140.JPG
ジム&ミッシェルのお友達ご夫妻も一緒に。
しかし、めちゃくちゃかっこいい旦那さんだったわ~。
俳優さんみたいだったけど。一般の方らしい。

奥様は日本人で、現地の高校で日本語教師をされている。
なぜか偶然、ばーびーと名前が一緒。同じくらいパワフルな女性でした・・。(笑)
私とは、木村拓哉ファンという共通項があって、妙に二人で盛り上がった。
そもそも、奥様は、女子大生時代に、ジム家にホームステイをしていたらしい。
なので、D氏と彼女はホストファミリー兄弟ということになるわけだ。

そこで、Bostonの寿屋という日本スーパーがあるビル内にあったパン屋が
リニューアルオープンして、パンの種類も増えた!という情報を聞き、
帰りは絶対Bostonに寄って帰ろう!と決意。

DSC05141.JPG
帰りに記念撮影。
ジムはベビ子と別れたくなかったらしく、
あらゆる場所にベビ子を隠して、知らん顔してた。
「面白いのは最初の30秒だけよ!」とミッシェルに優しく、さとされ、
泣く泣くお別れをしてきたわけだ。

寿屋に行くんだ!と言ったら、親切にジムが地図を印刷してくれた。
迷ったら困るでしょ、と。
すっごいやさしい~、と思ったけど、結局、道に迷った。

だって、出してくれた地図、詳細を印刷してくれた割に、
○○Aveがここで、××Aveに名前が変わります、というところの地図とか、
Go Straight ○○ という所の地図だけで、
肝心のくにゃくにゃ曲がったりするところが無かったんだもん。

ジムはおじいちゃんだからしょうがないか・・・。

迷いながらも、なんとか到着して、お目当てのパンを買い、
オヤツに買ったメロンパンを運転しながらほおばった。
DSC05142.JPG

ちなみに、パン屋のインフォメーションはこちら
Japanese Bakery & Caffe

背景はHarvard大学。ちょっと賢そうなパンに見えたりする。

またまた、帰国目前なのに、日本食材を買い込み、今日は鍋だ!と
ワクワクしながら帰途につく。

でも、途中で気がついた・・・。

なんと、日曜日でコネチではビールが売ってないじゃないか!!と。
冷蔵庫のビールはジム家に行く前に全部飲み干した。

鍋にビールがないなんて、お刺身に醤油が無いのと同じである。

すでに90号という有料のハイウェイに乗り、
もうすぐコネチカットという場所にさしかかり、
慌ててExitを降り、酒屋を探す我ら。中毒??

そもそも、マサチューセッツ州も、同じような法律だったら買えないのに、
敢えてそこは賭けに出た我らであった。

無事酒屋を発見し、様子見にD氏を酒屋に派遣。
5分後に、酒の袋を抱えてホクホクしながらD氏が店から出てきた姿をみて、
ホッと一安心をした私であった。
どんだけっ。

日本食&ビールという貴重な荷物を満載した我が家の車、
頭の中が夕食の鍋のことだけで一杯の我ら。

ガソリンが安いMA州で入れて帰ろうか迷ったけど、
鍋が頭によぎり、ガススタをスルー。

しかーし、最後に壮絶な交通事故のため、フリーウェイ渋滞1時間。

ガソリンもほぼ、エンプティーだったけど、
刺身で食べようと思ったヤリイカが悪くならないか心配でたまらなかったわ。

結局、クタクタになって、家に到着したけど、
ヤリイカも若干クタクタになっていた。
心配だったので、結局煮物にした。くぅ。


というわけで、我が家の小旅行は無事終了。

ジムとミッシェルがすごい寂しそうだったので、
次回は8月にまた遊びに行こうと勝手に決めた私であった。


nice!(0)  コメント(2) 

湖の別荘 再び [ニューハンプシャー観光(NH)]

Champのような未確認生物はいないと思うけど、
どうやら今年の夏は湖に縁があるらしく、ご招待を受けて
行ってきましたLake  Pawtuckaway。

この湖の湖畔に、D氏のお友達ヤッシャー氏の父母であり、
長年D家と親交のある、ジム&ミッシェルが昨年別荘を購入。

昨年、別荘用に購入したベットの搬入のお手伝いがてら
遊びに行かせてもらって以来の訪問。
リフォーム後に寒さのため水道管が破裂する、という悲惨な事件にも負けず
美しく出来上がった別荘。

早速、家の目の前のボートデッキから、湖探索へ出発。
DSC06292.JPG 

さわやかな風と熱烈な歓迎を受けて、ご機嫌のベビ子。
無題1.JPG

長袖を羽織らないと、ちょっと涼しいくらいだった湖畔。
8月とは思えないこの涼しさ、さすがコネチから北へ3時間30分のところだけある。

DSC06299.JPG
カヤックを楽しむ人々。
以前より、カヤック購入の夢がある我ら。こんなに静かで環境の良い湖で
カヤックを楽しむなんて、一体何年先になるのやら。

去年もいただいて、めちゃくちゃ美味しかったトマトのブルスケッタと夏野菜グリル。
今年も湖を一望できるデッキで食し。
幸せ。

DSC06309.JPG

本当にベビ子に会うのを楽しみにしてくれてるジムとミッシェル。
到着と同時に、家から飛び出てきて、ベビ子~ベビ子~と言いながら
カーシートから抱っこしてくれたジム。
DSC06330.JPG
ジムの髭にいつもながら魅了されるベビ子。
ニコニコ笑いながら、ジムと遊んでいたので・・・。

我らはカヌーで湖散策。

DSC06323.JPG
張り切って先頭にてこぎ続ける私。
実は、ライフジャケットを貸してもらったのに、きつくて入らず・・。
他のサイズを出してもらったのに、またきつかった。けど無理して着用。
ライフジャケットがはちきれんばかり、こぎ進んだ結果。

DSC06327.JPG

島の浅瀬に激突。

身動きが取れなくなったので、オールにて後ろに押してる姿。

ボートで走るのも楽しいけど、やっぱり自力で漕ぎ出してこそ。
遠くに見える家をみつつ、流れに身を任せたり、かるーく漕いだり。

カヌーは岩を踏んでも、安全だから安心しなさい、と言って
見送ってくれたジムだったけど、我らがどれだけ岩をこすったことか。
車だったら、本当に傷だらけだろーな。

最初は行きたい方向に全く行けず、進まず。
お前が悪い、いやお前が悪い、とお互い罵りあいながら漕ぎ続けたけど、
何にせよ、二人で協力しながら、目標を定めないとちゃんと進まないものだ。

帰る頃には、だいぶ慣れたので、スピードに乗って、あっという間に到着した。
DSC06312.JPG

そして夕暮れ。
カヌーを買うことを夢見る男D氏を激写。

夜になって夜空を見上げたら、満天の星空。
湖の真ん中までボートで出ると、もっと綺麗なんだとか。

静かで、平和で、自然豊かで、いい所だったな。


nice!(0)  コメント(0) 

昆虫はどこから? [ニューハンプシャー観光(NH)]

本当はクリスマスに遊びに行こうと思っていたニューハンプシャー。
悪天候と雪のため、予定が順延してしまって、とうとう3月になってしまった。

この日は本当に暖かい日で、春みたいな陽気。
とはいえ、ダウンを着てちょうどいいくらいだけどね。

いつもお世話になってるジム&ミッシェルに加え、
テネシーから駆けつけてくれたヤッシャーと記念撮影。
DSC08033.JPG
ここは川の流れが世界でもっとも速いといわれてる場所だそうで、
あまりに早くて危険なため、対岸をダイナマイトで爆発させて
川幅を広げたそうだ。
あ、ちなみに川の名前を聞くのを忘れたけど、
ニューハンプシャーとメーンの州境を流れてる川であることは間違いない。

2時間ほど、この近辺散歩、
その後、ベビ子を預けて一人ダウンタウンポーツマスへ。
NH州では消費税がかからない。
ここに来ると、Tax Freeのショッピングを楽しみなさい、と言われる。
そして春に向けてセールをやっていたので、久しぶりに臨戦態勢でショッピング。

暖かい日だったから、ダウンタウンは大混雑、
ここぞとばかりに、試着の服を10着ほど持って試着室へ。
一応、恥ずかしかったから、
「こんなに持ってきちゃったけどいいかな?」と一言聞いたら
「今日はみんなたくさん試着するわよ、20着くらいみんな持ってるから気にしないで」と
優しい言葉をかけてもらって一安心。

これを買ったらあれを捨てねば、などと考え吟味して結局2着購入。
ぜーんぶ半額以下になってて、なんだかトクした気分。

1時間半ほど買い物を楽しみ、帰宅したら
DSC08042.JPG
ミッシェルがカップチーノを淹れてくれた。

なんでもカップチーノには秘儀の美味しい飲み方があるらしく、
レクチャーしてもらった。
まず、泡をよけて、ブラウンシュガーをカップの底に入れる。
そしてスプーン2杯目のシュガーは泡の上にやさしく振り掛ける。

それで混ぜ混ぜしないで、甘い泡とエスプレッソをミックスさせるとこれまた不思議、
ほどよい甘さのカップチーノ完成。

夕飯をご馳走になり、まだまだ話が尽きず
化学者ヤッシャー氏に質問をし続ける我ら。

しかもD氏が勝手にお題をサイエンスに限定。

昆虫は他の星から連れて来られたという、SF映画ばりの仮説を述べるD氏。
そんなアホな質問にも、一生懸命答えてくれるヤッシャー博士。

なんでも本人が納得のいく説明をしてもらえたらしく、D氏は一人満足そう。
私なんか、「そんなわけないじゃん」でこのアホらしい会話を終わらせちゃったけど、
やはり論理的に説明されると、納得してしまう。
いつか、えらい教授になってくだされ、ヤッシャー博士。

DSC08046.JPG
ホットチョコレート、ペパーミントリキュール割りを飲みつつ、夜は更けていった。

※昆虫がどこから来たのか?博士の仮説を知りたい方は、D氏へお問い合わせください。





nice!(0)  コメント(0) 

ベジタリアンだっちゅーの [ニューハンプシャー観光(NH)]

翌日、良く晴れた月曜日、けどとーっても寒い。
ちなみに、ポーツマスはボストンよりさらに北に1時間ほどいった場所。
海岸沿いだから、海から吹いてくる風が、さらに寒さを増長させる。

町の中はすっかり雪もとけてたけど、ちょっと田舎に行くと雪だらけ。
Great Bayというエリアに見晴らしの良い場所があるというので、
連れて行ってもらった。
portsmouth.JPG
ちなみにGreat Bayというのは、このちょっと内陸の湾みたくなってるところで、
海からの潮水と、川の水が混ざり、独特の生態系と地形が見られる場所。

DSC08055.JPG
Great Bay Discovery Center

海沿いに、デッキがあって、自然を見ながら楽しくトレイルできるわよ、と
行ってみたら・・・
DSC08052.JPG
雪だらけ・・・。

DSC08053.JPG
でも、この木のデッキから眺める自然の美しさに、心を動かされた東京生まれ。
小さい小川がいくつもあって、そこに倒木が倒れこみ、なんとも美しい景色。
その奥には雄大に広がるGreat Bay。

そして空を見上げたら、全く葉の無い枯れ木ごしに、青空。
鳥の鳴き声がたくさん聞こえて、足元では雪の中リスが走ってて。
インフォメーションによると、クマが冬眠しているらしい。

結局、ノーマル靴を履いていた私を置いて、みんなは水辺までトレイル。
私はのんびりひなたに座り、ぼーっとしてた。
DSC08051.JPG
この船は、Great Bay専用の船だそうで、潮の流れが強く、風が強いので
立派な帆が立てられるような設計になっているらしい。

そしてランチ~。
DSC08057.JPG
ベジタリアンのヤッシャーと行った場所、それがBBQ。
Muddy River Smokehouse
ポーツマスダウンタンには、本当にたくさんのレストランやお店があって
ぐるぐる見て廻るだけでも楽しい。
けど、なぜかここに吸い込まれるように入ってった3人。

DSC08056.JPG
まずはこちら、フライドピクルス。
これね、すっごい美味しい。
特製のサウザンソースをディップ。フレンチフライよりも好きだな。
酸っぱくって美味しい。

3年前からベジタリアンになったヤッシャー、
どのレストランもベジタリアンメニューがあるから、大丈夫と言ってたけど
結局ここにはベジタリアンメニューは無かった・・・。
そりゃそうだ、BBQレストランだしね。

彼がベジタリアンだと知りながら、容赦なくお勧めを聞き出す我ら。
この肉は?あの肉は?などと拷問のように質問を投げかける。

結局、色々考えた挙句
DSC08058.JPG
どっしりとBeef Brisketを注文。
サイドにコールスローと、コーンブレッド、BBQ味の豆。
結局、しつこすぎて、ほとんど食べれなかったけども・・・。

ガツガツ、目の前で食べられたら、イヤだろうな。
と、思いつつ、D氏が注文した豚肉やら、なにやらガツガツ食べたわ。

と、気遣いの全く無い我ら。

おえっとなったのか、サラダやスープを注文したのに、ほとんど食欲の無いヤッシャー。
「あれ?もう食べないの?」とさらなる一口までも促す始末であった。


楽しいときは束の間、我らには次なる目的地が待っている。
2日間、たくさーん喋って、たくさーん笑って、たくさーん食べたので準備万端。

一路、春になっているという噂の、南へ向けて旅立った我らである。


旅は続く・・・・・。



nice!(0)  コメント(0) 
ニューハンプシャー観光(NH) ブログトップ