So-net無料ブログ作成
ワイオミング観光(WY) ブログトップ

イエローストーン旅行記 1 ~Yellowstone って??~ [ワイオミング観光(WY)]

かねてから念願のイエローストーンへ。
イエローストーンとは、アメリカ人気ナンバーワンの国立公園、
かつ世界遺産にも登録されている国立公園である。
実はブログにアップしていないが、
この辺りの国立公園はほぼすべて網羅するほど、
行っている私とD氏。
ヨセミテ、グランドキャニオン、セコイヤ国立公園、デスバレー国立公園、
ジョシュアツリー国立公園。
どんだけ、そのナンバーワンがすごいのか?この目でしかと見なくては!と
やっとたどり着いたわけである。

とりあえず、旅の情報から。

ワイオミング州&モンタナ州にまたがる公園であり、
今回は家から車で10分のOrange Countyの空港からコロラド州Denverにて乗り換え
ワイオミング州ジャクソンホールまでの合計約3時間強のフライト。
ジャクソンホール空港、そこはすでに国立公園内。
グランティトンという山が美しい国立公園内の空港に着陸するのである。


Santa Ana~Denverまでのフライトは2時間強。天候も良く、
さほど揺れないフライトだった。
そして一番恐れていたDenver~Jackson Holeまでの1時間のフライト。
セスナとかプロペラだったら嫌だと思っていたが、案外ハイシーズンのため、
150人乗り程度のジェット機。しかも一日何便も飛んでるのね。
「Jackson HoleまでのBeautifulなフライトをお楽しみください!」というから、
全く揺れないかと思いきや・・。

離陸後30分、低気圧の関係でフライトアテンダントも着席します、とアナウンスが
流れるや否や、飛行機急降下!!
D氏、飲みかけのコーラとコーラ缶を両手に持ち、宙を舞うコーラをキャッチ。
気がついたときには、両手にコーラ、一人で万歳してたって。
めっちゃ怖かったけど、その姿には笑わせていただきました。

結局急降下&Bumpyなフライトはその後20分程度続き、3回ほど万歳状態に。
やっと着陸というときに、コーラを飲み干した氷が入ったカップを床にこぼし、
リュックが氷まみれに・・・。今までの苦労はなんだったのか?

不幸はさらに続く・・・。
やっとの思いで着陸したと思ったら、預けた荷物が出てこない。
結局、最後まで待ったが、荷物が行方不明になってしまっていた。
シャンプーやらリンスやら、歯磨き粉やら下着やら服がぜーんぶ入った荷物。
係員に言うと、「届けます?それとも待ちます?」と聞かれ、
待つなら30分後に次の便がDenverから到着します、と言われ待つことに。

次の便が到着して、やおら荷物を待つが出てこない。
あああ、私ってやっぱりついてない、と思って、クラっときちゃったので、
椅子に座りD氏にウォッチングしてもらうことに。

すると、すぐ出てきた私の荷物。
D氏曰く、「不幸を呼ぶ顔をして待っていても、荷物は出てこない!」とのこと。

空港からレンタカー屋のあるJacksonの街までシャトルで20分。
車を借りて、いざ北上。


グランティトンは最終日のお楽しみに残しておいて、一気にイエローストーンを目指す。
グランティトン+イエローストーンの入場料が$25。
レシートに有効期限が書かれているが、1週間、出入り自由でこの値段は安い。
Jackson~グランティトン国立公園通過まで1時間半弱。


たどりついたイエローストーンの入り口。
Jacksonからだと、上記添付の地図で、南側の入り口から入ることになる。

一日目の宿はEast Entranceすぐ近くのPahaska TepeeというLodge。
South EntranceからEast Entranceまでは約2.5時間。

途中がけ崩れによる?工事のため、片側通行。すっごい渋滞。

やっとたどり着いて、チェックインしようと思ったら、
「予約が入ってません」とのこと。この日3度目の不幸。
たまたま空きがあったから良かったけど、ちゃんと電話して予約してるし
カードナンバーと住所も伝えてあったのに。

一体どういう管理してんでしょ?

なんとかチェックインできた宿はこちらのロッジ。

部屋にはTVも無けりゃ、冷蔵庫もない。もちろん携帯も圏外。

山の中ということで、夜に星を眺める。
めっちゃ美しかったけど、セドナほどじゃなかったかな。

その2へ続く。



nice!(1)  コメント(0) 

イエローストーン旅行記 2 ~Bisonを喰らう~ [ワイオミング観光(WY)]

2日目。
朝6時頃から起き出し、早朝出発。
East Entrance(地図右側)から入り、North Entrance(地図上側)を目指す行程。
のんびり草原をドライブしていたら、一匹のバイソンが草むらを歩いていた。
車を徐行していると突如道路に上がってきて、車に大接近!!

草食動物のバイソンだけど、ほんと近くで見るとめちゃくちゃ迫力!!
そして最初のスポット Mud Volcanoへ。

道路際に現れる湯煙の立つ温泉?
ドラゴンの口とも言われている吹き出し口。
そしてSulphur Caldronという池。

解説によると、溜まる水のPHによって色が変わるとのこと。
ここはくすんだエメラルドグリーン。
さらに車で北上して、Canyon Villegeという場所へ。
UpperFall、LowerFallを見学。

UpperFall
美しい色の水が、轟音で流れるのが堪能できる。
さらに滝の真上からも眺めることができる。

LowerFall。
遠めの崖の上からの撮影。30分くらい山歩きすると、滝の下までいけるみたいだったけど、
すごい坂道だったので、断念。
アメリカ人大興奮の模様だったけど、山がちな日本に住む我ら。
正直、華厳の滝の方がすごいんじゃん?なんていう感想。

そして北上してTower Rooseveltへ。
そこまでの道のりは、ハイジの世界。見晴らしの良い草原が出たと思ったら
山がちなくねくね道。
景色の移り変わりが激しいのもイエローストーンのよいところなんだろうね。
その途中に立ち寄ったTowerFall。

細いから・・・。滝。
そして、色々見ながら走ること6時間弱。
到着したのが、北入り口に程近いMammoth Hot Springs。

ここに来てはじめて気がついたんだけど、今まで我らかなりマイナースポットに
行っていたからか、それ程の混雑も無かったんだけど、この街はすごかった。
昼ごはん食べようと思ったら長蛇の列だし、車は停めれないし、警察はいるし。
やっぱり観光地なのだね。
そして昼ごはんに、バイソンソーセージ&地ビール。

一口もらったけど、ぶっちゃけおいしくないソーセージ。
ものすごい獣臭いの・・・。日差しが強くて暑かったので、ビールおいしそうだった。
レストランを出たところにエルクの群れあり。
ママエルクがおっぱいあげてた。
30匹はいたかな?暑い中昼寝してた。


そしてこれが、Mammoth Hot Springs。
山の上から温泉が流れ出し、石灰分が固まってこのような色の岩がたくさん
あるそうだ。
歩いて見て周れるトレイルだと山がちでつらいので、車で見て回れるところを
たっぷり堪能。両方あるところがにくい演出だ。

そしてこの石がイエローストーン。黄色い石。
アメリカ人のおっさんが、「いったいいくつのイエローストーンがあるっていうんだい?」なんて
言っていたけど、1個発見。

一日楽しんだ我らは、NorthEntranceから出て、モンタナ州へ。
出口のすぐ近くの小さい街のモーテルにステイ。
近所のイタリア料理で夕飯。

こんな感じの古びた町並みで、ザ・アメリカ田舎町という感じ。
人もみんな親切で英語も超分かりやすくて、最高だったわ。
そして注文したペンネも、サーモンも最高に美味しかった。
これでワインが飲めたらもっと最高だったのに・・・・。

その3へ続く。







 


nice!(1)  コメント(5) 

イエローストーン旅行記 3 ~ほんと綺麗な色~ [ワイオミング観光(WY)]

3日目。昨日ステイした北側入り口から入り、
イエローストーンで一番有名な、Old Faithfulへ向かう。

今回のたびで、4つの入り口(東、南、西、北)を制覇したけど、北ゲートへの
景色が一番良かったな~。

こんな感じで、小川が道路に沿って流れていて、
田園風景という感じ。

途中Norrisという温泉地帯でGyserを見物。

あちこちに、温水が噴出している泉があって、
それぞれ水の色がブルーなの。

3日目も朝6時半に宿を出発した我ら。
山の朝は早い!を合言葉に、暑くなる前に行動し、日が暮れる前に眠る生活。
早起きは3文の得。大草原を歩く、グリズリーベアと遭遇。
朝なのに、人だかりができちゃうほどの大人気。

そして、小さい地獄谷などをちょろちょろ見物しながら、
Old Faithfulに到着したのが、9時。
Old Faithfulとは、間欠泉で、平均92分に1回、大容量の水と蒸気を噴出すスポット。
ビジターセンターに次は○○時○○分の予定、などと予測をしてくれるのである。
で、我ら着いた途端に、噴出し開始。なんてラッキーだったんだろう。

天高く上がる水蒸気とお湯。もっと近くで見れたら、
もっと迫力なのにな~。

そしてここは有名なスポットためか、日本人観光客が結構いて、
初めて公園内で日本語を聞いた。
それが、この間欠泉の感想。「諏訪湖の方が、すごいわよね~」だって。
なんだかそれを聞いてがっかりしちゃったよ。
諏訪湖がどれだけすごいか知らないけど、はるばる日本から来て
その感想はないだろう、と正直思ったけど。

そして今回私が一番、一番行きたかったのが
このOld Faithfulからトレッキングすること1時間で到着するPool。
その名がMorning Glory Pool。
重い腹を抱えつつ、意を決して1時間のトレッキングに向かったのであった。
トレッキングの途中にもたくさんの間欠泉があり、やっぱり時間ごとに
噴出し予測が書いてあるのだが、なんと今回、すべてが噴出し中で、
圧巻の景色を見ながらのトレッキング1時間、あっという間。
そしてトレッキング終点にあるのが、こちら↓。

その名のとおり、朝顔みたいな形で、色がエメラルドグリーン、ブルー、そしてイエローの泉。
吸い込まれるほど、綺麗な色だった。
イエローストーン内で数々のエメラルドグリーン、ブルーの泉を見たけど、
やっぱりここが一番最高。ちなみに徒歩もしくは自転車でしかたどり着けません。

美しい色に魅了された我らは、かんかん照りかつ高地のためか、ものすごい息切れしながら
Old Faithfulに1時間かけて到着。
それまですっごい喋っていたのに、疲労からものすごい無口にランチを食べ、その他のスポットを見て、
宿へたどり着いたのであった。

最終日の宿はWest Yellowstoneという街で、西出口を出たところに広がる小さい街のモーテル。
プールとかサウナとかあったけど、入る元気もなく、
最終日だからといって、豪華ディナーを食べるわけでもなく
マクドナルドにていつものメニューを食べ、明るいうちに眠りについたのであった。


nice!(0)  コメント(7) 

イエローストーン旅行記 4 ~Grand Teton 国立公園~ [ワイオミング観光(WY)]

最終日。
イエローストーンは3日間で満喫したので、最終日はGrand Teton国立公園散策。
どうせ隣どおしならば、同じ国立公園にしちゃえばいいのに・・・と
思っていたけど、イエローストーンの景色とは全然違い、
空に切り立つ山々と湖の美しい公園。

カリフォルニアの青空と違って、ワイオミングの空は雲がたくさんあって、
晴れのときの日本みたい。
雲があったほうが、本物の空っぽくて好きなんだよね。

途中で美しい湖を発見したので、撮ってみた。
水が透き通っていて、とってもきれい。飲んでみたくなっちゃうくらいの透明感。
あのボートで、インスピレーションポイントという対岸のViewSpotまで行けるそうだ。

そして今回借りた車がトヨタセコイヤという車。
サンルーフが付いていて、揺れもほとんどない乗り心地よい車。

サンルーフから上半身を出して見る景色も最高だった。

いつの日か、キャンピングカーなどを借りて、湖畔に泊まって見たいものだと
将来の夢に想いをはせながら、旅が終わるのであった。

そして、車を返してJackson Hole飛行場へ。

国立公園の中に空港があって、ここからの山の景色も美しい。
あまりに小さい空港なので、
ゲートが無くてタラップから飛行機に乗り込むのだ。

~総論~
前述のとおり、いくつもの国立公園を訪れたけど、
やはりイエローストーンは人気NO1だけあって、格違いだ。
見るものがたくさんあって、圧倒的な色の世界、そして間欠泉の数々。
広さも相当だし、各入り口ごとに、全く違った風景が楽しめる。
日本だったら、1つの見物スポットずつにお金取られそうなくらい。

周ってみての感想だけど、少なくとも3泊は必要。
高地をかなり歩くので、トレッキングするのならば、それなりの覚悟が必要。
夏シーズンにいくと、宿代が1.5倍くらいなので、要注意。

そして油断して車を路上駐車していると、チケット切られるのでこれも注意。
特に、Mammoth Hot Spring近辺はたくさん取り締まりしてた。
そしてリスやらタヌキが飛び出ししてくるので、スピードも注意だ。
犠牲になっている動物たちもたくさん見てしまった・・。

教訓 車の渋滞があるところに、野生動物あり。

一番のお気に入り、Morning Glory Poolでアメリカ人老夫婦と出会い、
25年前に一度訪れたけど、
その時よりも泉の色が綺麗になってる、という感想を聞いた。
定期的に清掃しているみたいだけど、
あんなに綺麗な泉にごみを捨てる人がいるらしい。
せっかくの自然、国立公園の破壊をするような行為はやめてほしいな。

公園のレンジャーの車は、自然保護のため、トヨタがプリウスを無料で
寄付しているらしい。
これからもずっと、あのすばらしい自然が保護されて、みんなが
楽しめますように。


nice!(0)  コメント(2) 
ワイオミング観光(WY) ブログトップ