So-net無料ブログ作成
コネチカットワイントレイル ブログトップ

コネチカット ワイントレイル ~Hopkins~ [コネチカットワイントレイル]

アメリカでワインといったらカリフォルニア。

NapaだのSonomaだの、Santa Barbaraだの色々有名だけど、
色々調べてみたら、実はコネチカットワインっていうのもあるのよね。

で、ワイントレイルなんていうのがあって、
コネチカットを西と東エリアに分けて、2つのトレイルがあったりするのだ。

私の中のイメージでは、
ワイナリーとは、景色のよい場所にあり、
ピクニック&ドライブ気分で気軽に行けるって感じ。

数あるトレイルの中のワイナリーのうち、
そのイメージどおりのワイナリーらしき所を検索して
またまた出かけたくないD氏を説得。

「こんなに冬が寒い場所でワインなんて・・・」と言われたけど、
「アイスワインは寒いところじゃないとできない!!」と強気な発言。

実はアイスワインが無かったらどうしよう・・・と思いつつ
無理やりワインヤードに連れ出した。

DSC05216.JPG
コネチカットの西の方は、のどかな田舎の風景が広がるのだ。
以前にCovered Bridgeに行ったときも、田舎道を楽しみつつドライブしたので、
今回ものんびり下道の旅。

<写真>クマーズとのどかな風景、その1。

途中、乳牛がいる牧場なども通り過ぎる。
無題2.JPG
うわー、牛だ!!と言って、車を降りて写真撮影に向かったが、
赤いTシャツを着ていたからか、のんびり座っていた牛がこっちにむかって
突然立ち上がって歩いてきた!!
たいした柵もなくて怖かったので、すみませんっ!といって立ち去ったけど。

途中通り過ぎたLitchfieldって街がすごい綺麗だったわ。
DSC05243.JPG
アンティーク家具屋がたくさんあるこの街。
オープンカフェとかおしゃれなお店が軒を連ねてて素敵~。

ここからさらに山道に入った所に、湖を発見。
無題1.JPG
なんかボートレースが催されてて、すごい人がたくさんいた。



ワインに興味のある方はどうぞ


nice!(1)  コメント(3) 

コネチカットワイントレイル その2 ~ Sharpe Hill Vineyard ~ [コネチカットワイントレイル]

さて、前回はコネチカット西部へ、ドライブがてらワインヤードに出かけた我らだったが、
コネチカットには、まだまだワイナリーがたくさんある。

今まで行ったことがなくて、おいしそうなワインがありそうな場所・・と
色々調べて、コネチカット東部まで、美味しいワインを求め
ドライブ。

Sharpe Hill Vineyard
108 Wade Rd Pomfred CT 06258

DSC06183.JPG
緑のトンネルを抜けると・・・

一面に広がるコーン畑&草原。
そしてその奥に
DSC06193.JPG
小川が流れるのどかな山奥。

DSC06185.JPG
この看板が目印。

DSC06186.JPG
この赤い小屋がワイナリー&レストラン。

なんでもここは、今までに250個ものメダルを獲得したことがあるそうな。
コネチカットのワイナリーは、色々見てるとわりと新しいのが多いんだけど、
ここが規模が最大で、かつ表彰された回数が多いそうだ。

それは行かなくては!ということになり、ここに決まったわけである。

あ、ちなみに金曜~日曜の11時~5時までの営業らしい。

今日は平日だから、きっと空いてるだろう、と思って行ったんだけど
思いのほか混雑しててびっくり。

DSC06189.JPG
これらが表彰を受けたワインたち。
ありえないほど、メダルをかけられてるワインもあったりして。

テイスティングの種類は2つあって、
すべてのワインを飲みたい場合は$10、5種類で十分だわ、という人は$5。
いずれもお土産用に試飲したグラスを持ち帰れる。

一番最初に飲んだ、Ballet of Angelsという白ワインが最高に美味しかった。
左から4番目のありえないほどメダルをぶらさげてるワインなんだけど。
今までに76個のメダルを獲得してるらしい。

あ、ちなみにワインは好みがあるから、一応書いておくけど、
私の好みはフルーティーで飲みやすいワイン。
このワインは、グラスを口に近づけただけで、ぶどうのいい香りが香ってくるんだ。
でも味は、すっきりしてて、めちゃくちゃ好み。
しかも安い・・・。ので3本買ってきた。

あと、お一人3本まで、と書いてあった赤ワイン
Pontefract。
デザートワインって書いてあったけど、超まろやか。

行く道すがら、牛がたくさんいたり、馬がいたり、
Farmがたくさんあったので、ここは絶対美味しいだろうと、
立ち寄ったアイスクリーム屋。
味は普通だったけど、ありえない程大きかった。
これ、Sサイズ・・・。
DSC06195.JPG

で、ワインはいろいろ吟味した結果、4種類のワインを買って帰宅。
DSC06196.JPG

我が家の拾ったワインラックが、やっと充実してきた今日この頃。
DSC06197.JPG

結構渋めのワインが多かったので、渋めが好きな人は楽しいワイナリーかもね。


nice!(0)  コメント(2) 

コネチカットワイントレイル その3 ~Sunset Meadow Vineyard~ [コネチカットワイントレイル]

今日はワインが飲みたいな~、と思ったけど
あいにくの日曜日。お酒はどこも買えましぇーん。

マサチューセッツまで買いに行くか、という話にもなったけど、
ならばBuy Local!ワイナリーに買いに行こう、ということになり。

行ってきました、新たなワイナリーへ。

Sunset Meadow Vineyard
599 Old Middle Street(Route 63),Goshen,CT 06756

DSC06899.JPG
コネチの西の方って本当に美しくて、田舎だけど、その田舎加減がとても好き。

道沿いにはScenic Roadの看板が多数あるだけあって、沿道がとっても綺麗。
DSC06896.JPG
この小さい小屋がテイスティングルーム。

なんでもここのワイナリーには、2008年International Eastern Wine Competitionで
銅メダルを獲得したワインや、銀メダルを獲得したワインがあるとのこと。

さっそくテイスティング。
DSC06897.JPG
ワイングラス付きで6種類試して一人$6。

残念ながら、銀メダルを獲得したワインは売り切れ、なので試せなかった。

個人的には、フルーティーなワインが好きなので、
Cayuga Whiteという銅メダルを獲得したワインが美味しかった。

ここのワイナリーのワインは、ぜーんぶ、めちゃくちゃ美味しいとは言えないけど、
結構独特の味がするワインがあったよ。

ここでおつまみで食べても良いクラッカーが美味。
ガツガツ食べてしまった。

たまたま隣でテイスティングしてたおっさんが、Connecticut Wine Trailの
パスポートとやらをもらっていたので、私もちゃかり貰ってきてしまった。
無題1.JPG
この中に現在Openしてる24のワイナリーの場所と紹介が載っており、
さらに4つ、また新たにOpenするワイナリーの情報が載ってる。
感想などを書き込める形になっており、スタンプラリーみたいな気分になる。

DSC06901.JPG

というわけで、赤2本と白1本を購入。
フルボディーの赤ワインに合わせて、リブアイを焼いてみた。
美味しかった~。




nice!(0)  コメント(2) 

コネチカットワイントレイル その4 ~Haight-Brown Vineyard~ [コネチカットワイントレイル]

今週末はアメフトを観戦に、Pittsburghまで行っちゃおうか、なんて
話していたんだけど、地図で見ただけでも、すごい遠いので
すっかり意気消沈。

結局TVで観戦してるんだけど、すごい雪降ってるみたい。

行かなくてよかった・・・・。

先日クローゼットを掃除してたら、$100札が1枚見つかった。

これで宴会を開くか、それとも酒でも買うか、と考え
結局また新たなワイナリーに美味しいワイン探しに出かけた日曜日。

西へ東へ、ワインを求めて走ったけど、やっぱり西コネチが一番美しい。
なので、また今回も西エリア。

DSC07010.JPG
Haight-Brown Vineyard
29 Chestnut Hill Road, Litchfield,CT,06759

ここはテイスティングだけなら、プラスチックカップで$5。
グラス付きなら$7で8種類のワインが楽しめる。

ワイングラスが結構おしゃれだったので、グラス付きでテイスティング。
DSC07014.JPG
これはロゼ。
色がすごい綺麗だった。

この白ワインが美味しい、とか感想を言うと、
ならばこれはもっと美味しいかも、と、テイスティングで頼んでないワインまで出してくれる。
なんだかんだ、お勧めされて10種類のワインをテイスティング。

今まで4つのワイナリーに行ったけど、私はここが一番好き。
テイスティングルームの雰囲気もよかったけど、味が一番好み。

フルーティーなワインがたくさんあって、デザートワインなんかも種類が多い。
11月から1月の3ヶ月しか販売しない、リンゴとクランベリーを混ぜた
フルーツワインが美味しかった。

このワイナリーは、おつまみもたくさんあって、
チーズプレートとかチョコプレートとか、もちろん有料だけどのんびり楽しむのも良いかも。
テイスティングといいながら、かなりの量をついでもらえるので、
安いワインバー状態で、地元の人らしき人が、ガンガンおつまみを食べながら
飲んでたな。

このワイナリーは、30年くらい歴史があるそうで、
4つのワイナリーに行ってみて思うことは、
歴史が古いワイナリーの方がやっぱり美味しいってこと。

DSC07023.JPG
獲得したメダルの数々。

DSC07021.JPG
ジャムとかドレッシングとかも売ってる。

そして、やっぱり美しい、西コネチ。
DSC07026.JPG
途中でいつも見かける湖。
これも、もうすぐ凍るのであろう。

日本へのお土産も含め、ワインを箱買い。
これから飲むのが楽しみだわい。
うしゃしゃ。


nice!(0)  コメント(2) 

コネチカットワイントレイル その5 ~Heritage Trail Vineyards~ [コネチカットワイントレイル]

やっぱりなんだかんだ言いながら、Black Friday、
D氏が欲しかったWeb Cameraとマイクを買いにBest Buyへ。

いやいや、そしたらすごい人。
駐車場もすごかったけど、店の中もこれだけ混んでるのは初。
DSC07066.JPG
ちと解りづらいけど・・・。
レジであまり並んだこと無かったけど、今日は長蛇の列だった。
目玉商品はほとんど残ってなかったみたいだけど、すごい人でびっくり。
モールに行くまでも結構な交通量。
日本の初売りっぽい。

今日は何も予定が無かったので、とりあえずまた新たなワイナリーでも行ってみよう、
ということになり、第五弾コネチワインの旅。

なぜかフリーウェイが閉鎖されてたので、下道でのんびりドライブ。
ワイナリーめぐりの楽しみの一つとして、田舎道をドライブすること。
本日見かけたのはこちらの湖。
DSC07088.JPG
ここコネチには、本当にたくさんの湖がある。
山道を走っていて、ふと木が無くなると湖が出現する。
DSC07085.JPG
枯れ木がたくさん生えてる湖?っていうか池もある。

今日はわりと暖かい。というか今年は去年に比べてだいぶ暖かい。
肌に刺さる寒さが、さほど無い。

けど・・・。

DSC07082.JPG
岩から流れ出た水が凍ってる。ちょっとすごい光景。





続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

コネチカットワイントレイル その6 ~Bishop's Orchards~ [コネチカットワイントレイル]

最初は暇つぶし&興味本位で行っていたワイナリー。

でも、本当に好きになってしまったのです、コネチカットワインが。

全ワイナリーに行ってみたい、という果てしない?欲望も出てきており、
残り数ヶ月で、いったい何本のワインを試すことができるのか、
いくつのワイナリーに行けるのか、楽しみである。

無題.jpg
チラっと触れたことがあるかもしれないが、あえてまた説明しよう。
こんな感じで、コネチを東半分と西半分に分けて、ワイントレイルと名づけられた
ワインの道があったりする。
いくつものワイナリーを1日で廻る人々もいるらしいけど、
たいてい我らは、チラっとドライブがてら、休日の午後に出かける。
我が家は幸い、コネチカットの中心、Hartfordなので、
どこに行くのも同じくらいの距離で行ける。

CA在住時も、いくつものワイナリーを訪ね、
テイスティングなどを楽しんでいたんだけど、
ワイナリーの規模がぜんぜん違うんだよね。
コネチカットのワイナリーは、CAに比べるとすごい小さい。
ブドウ畑も小さい。

以前CAのSonomaに行ったときに、そのブドウ畑の大きさにびっくりしたものだ。
車でどんだけ走っても、ずーっとブドウ畑。
CAに比べて、コネチは山がちだし、広大な、だだっ広い場所というのが少ない。
だから必然的に規模も小さくなってしまう。

味、これも全然違う。
特に赤ワイン、好みもあると思うけど、CAのワインに比べると、
まろやかさが少ないのだよ。
フルボディーのどっしりした赤ワインというのが、少ない。

白ワインもドライなものよりも、フルーティーなものが多い。
後味がすっきりしてるフルーティーなワイン、
ワイナリーの人が大抵言うんだけど、後味がCrispyなワインなのだ。

とまあ、私は全くワイン通じゃないんだけど、思わず違いを熱く語りたくなる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

コネチカットワイントレイル その7~Chamard Vineyard~ [コネチカットワイントレイル]

先日は、果樹園がお遊びでやってるワイナリーに行ってしまって、かなりがっかり。

今度は本格的なワイナリーを探したくて
またまたコネチを南下し、雪の中、Clintonまで。


DSC07212.JPG
なるべくフリーウェイを使わないで、山道をノロノロ。
途中で雪がかなり降ってきて、視界も悪くなったけど、道路はこのとおり除雪済み。

到着したのは、Chamard Vineyard
コネチの色んなワイナリーをネットで見てるけど、
ここのワインのみ、ラベルにぶどうの年代が書いてある。2007年とか、2006年とかね。
他のワイナリーは、あんまり書いてないのよ。

年代が書いてあるってことは、ある意味ビンテージを目指してるのかな、と思って
すごい興味があったので、色々探した中ここに行ってみた。

DSC07215.JPG
粉雪舞うワイナリーの入り口。

なんでもこのワイナリーは、コネチカットマガジンという雑誌で、
11年連続 No1ワイナリーとして表彰されているそうだ。

中に入ると
DSC07218.JPG
メダルを下げたワインがたくさん。
これは期待できる!!とワクワクしながらテイスティング。

DSC07216.JPG
6種類試せて、$5。ワイングラスは無し。
気に入ったのがあれば、グラスワインとして注文することもできる。
だいたい1杯$5~$7くらい。

すごく雰囲気の良いワイナリーで、夏にはピクニックがてら、地元の人がやってくるらしい。

テイスティングした中で、鋼の樽で発酵させた、というStone Cold Whiteというのが
結構すっきりしていて、香りも良く美味しかった。
その他の白ワインは・・・。うーん、いまいちかな。
2004年Chardonnayは一押しだったみたいだけど、私はあまり好きじゃない。

この中で、2007 Roseが最高に美味しかった。
うーん、正直微妙なラインナップと思いつつ、最後にテイスティングしたから、
余計に美味しく感じたのかもしれないけど、これ、コネチのロゼの中で最高に美味しい1本。

色もすごく綺麗で、なめらかで、すっきりしてて、どんな料理にもぴったり合いそう。
お値段もかなりお手ごろで$12.99。
これ1本だけだったら、No1ワイン、in コネチだよ。

誰かに試してもらいたくて、これも日本へのお土産に入れておいた。
「同じワイン2本も買うなよ!」と批判されたけど、客観的な意見も聞きたいし。

というわけで、日曜日の夕飯は、ワインに合わせて、
肉&魚料理。

無題1.JPG
豚肉のディアボーラ風と、サーモングラタン。

肉にも魚系にもクリームソースにもぴったりのロゼ。
お勧めの1本に出会えて、なんか達成感。


主観でWineランキング


nice!(0)  コメント(0) 

コネチカットワイントレイル その8 ~Gouveia Vineyards~ [コネチカットワイントレイル]

年明け1回目のワイントレイル。

ちょっと本格的なワインが飲みたくて、
これぞザ・ワイナリー的なニオイのするワイナリー探し。

色々調べた結果、かなり色々賞を受賞しているワイナリーに
行ってみることにした。

Gouveia Vineyards
1339 Whirlwind Hill Rd
Wallingford, CT 06492
(203) 265-5526
無題.JPG
夏はピクニックにも最適というこのワイナリー。
広大な敷地で、ワインのボトルからラベル、もちろんブドウも発酵場所も
すべて、ここでやっているらしい。

DSC07612.JPG
丘の中腹にあるワイナリーの建物。
ずいぶん新しいな、と思ったら2004年に建てたばかりだとのこと。

ワイナリーのおばちゃんから聞いた話では、
オーナーはポルトガルから来た人らしく、オーナーのお父さんも
ポルトガルでワインのぶどうを育てているらしい。

ワインテイスティングは$5で、5種類のワインが楽しめる。(グラス付き)
白も赤も、わりと辛口。
コネチカットワインの赤は、どっちかっていうと渋みが少ないさらっとしたワインが多いけど、
ここの赤は、比較的フルボディーで本格的。


DSC07616.JPG
絶景の雪景色をみながら、ボトルワインやグラスワインを楽しむこともできる。

このワイナリーは、水もジュースも持ち込み不可。
すべて販売してるので、それを買ってくださいとのことらしい。
その代わり、食べ物に関しては、どんどん持ち込んで、ワインを楽しんで欲しいそうだ。
毎週土曜日の夕方には、ギターの生演奏があるそうだ。
かなーり広い建物。
レストランみたいな素敵な建物で聴くギターの生演奏も格別だろうな。

そして9月には、ぶどうの収穫ボランティアを募集してるそうで、
すっごい楽しいから参加してみたらいいわよ、と薦められた。
あー、一度でいいからやってみたかった~。ぶどうの収穫。

ぶどう収穫に遊びに来ちゃおうかな。

というわけで、本日は赤2本、白1本の3本プラス、特製クラッカーを購入。
DSC07619.JPG

明日は近所のワイン好きの皆さんと、ワインパーティーをする予定。
みんなで美味しく飲もうっと。うきゃっ。




nice!(0)  コメント(0) 

コネチカットワイントレイル 連載終了 ~ふたたびHopkins~ [コネチカットワイントレイル]

ちょうど1年ぶりに、Hopkinsへ最後のテイスティングに出かけた。

もしかしたら、新しいアイスワインが出来てるかも、という淡い期待を胸に、
最後のワイナリーめぐり、締めくくりはここだろう、と
我が家から車で2時間弱のドライブ。

まずは田舎の風景などなど。
DSC08760.JPG
Heublein Towerにもハイキングに行ったなあ~。
ここ2週間で景色がすっかり新緑になった。

途中で見つけた小さい街。
DSC08747.JPG
おしゃれなキッチン雑貨のお店があって楽しそうだった。
で、なんとこの建物の裏手に
DSC08743.JPG
天然の滝発見。

ナイヤガラの滝に行きたかったけど、Swine Fluも気になるところだし、
予約もしてなかったから、もういいか~という話になり、
変わりに小さい滝を拝むこととなった。
お手軽にマイナスイオンが浴びれたので、ヨシとしようか。
DSC08750.JPG
滝は45号と202号の交差点付近にあるよ。

さーそして、到着。
DSC08732.JPG
Hopkins

今回はワイナリーの担当の人が、超日本好きで、
めちゃくちゃ日本についての色んな質問をされてしまった。
彼は、侍や忍者はドラマの世界の話だと思っていたそうで、
本当にあった話だ、と教えてあげたら、めちゃくちゃ驚いてた。

新しいアイスワインは、あと2週間後くらいに発売されるそうで、
昔買ったことある2006年のアイスワインをまたしてもテイスティング。
やっぱりここのアイスワインは美味しい、けど高い・・・。

ここで買ったワインについては、追々ワインブログで紹介します~。

というわけで、我らのコネチカットワイントレイルの旅は今回で終了。
約1年間のワイナリーめぐり、
冬季閉鎖してるワイナリーとか、気になってたところもいくつかあったけど、
ワイン好きのお友達とか、その他評判とかを聞いてみると、
我らが行ったワイナリーに取りこぼし無し、大成功のチョイスであったと自画自賛。

Hopkinsの担当の人にも熱く語ってしまったが、
ここに来なかったらワインをこれほど好きにならなかった、と思う。
あと、自分の好みのワインっていうのが、どういうのか解ってきたしね。

そしてワイナリーまでの田舎道をのんびり走って、自然を楽しみ、
本当に良い思い出になったな~と。

DSC08736.JPG
最後に、Lake Waramaug State Parkへ。
一応Beachがある。
水がめちゃくちゃ透き通っててきれいな湖。

のんびりワイナリーめぐり、楽しかった。
コネチカットワイン、最高!!
是非みなさまも、足を延ばしてみてください。



nice!(1)  コメント(4) 
コネチカットワイントレイル ブログトップ